ECピルの基礎知識

「避妊に失敗したらECピルを服用すれば大丈夫!」この考え方は間違っていますよ?

ピルについて患者に説明する医師

ECピルの飲み忘れについて

「ECピル」とは緊急避妊薬・アフターピルなどとも呼ばれるもので、レイプの被害を受けた・避妊具を使用することが出来なかったなどの場合に望まない妊娠を防ぐために服用するものです。
効果としては、排卵を遅延させ受精を防ぐ、子宮内膜を急激に変化させることによって受精卵の着床を防ぐなどがあります。
避妊効果は100%というわけではありませんが非常に高いと言えます。
ECピルの飲み忘れについては、受精卵が着床し、妊娠した場合には流産をさせるという効果は期待出来ませんので、あくまでも妊娠が成立する前に服用するものであるという事を考えるべきでしょう。

ECピルはあくまでも緊急的に使用するタイプの避妊薬ですから、常用することは避けるべきでしょう。

服用は性交後72時間以内に行うことで十分な効果が期待されるとされていますが、120時間後であっても妊娠率を低下させる効果があるいう報告もなされています。

副作用として吐き気が出る場合がありますが、万が一嘔吐をしたとしても、服用から2時間経過している場合には、十分な効果を得ることが出来ますが2時間以内であった場合には、再度服用する必要があります。
 吐き気止めを使用する場合は、吐き気止め服用後、しばらく時間を空けてからECピルを服用するようにします。