ECピルの基礎知識

「避妊に失敗したらECピルを服用すれば大丈夫!」この考え方は間違っていますよ?

ピルについて患者に説明する医師

ECピルの避妊成功率は

性行為での避妊の失敗やレイプの被害など、予期せぬ妊娠などを避けるために「ECピル」という薬があります。

【ECピルについて】
ECピルは、アフターピルとも呼ばれています。
これは避妊に失敗した時の緊急用のピルで、これを服用した時に妊娠を回避出来るのです。
性行為後の72時間以内に服用しなければ効果がありません。
そして、最初の服用から12時間後に2回目の服用をします。
どちらも2錠ずつの服用です。

【安全性】
ECピル(アフターピル)は、他の薬と服用しても問題なく、必ずしも食事の後に服用必要もないのです。
そして後遺症が発症したり、将来妊娠して体に影響が出るという事もない薬で、安全性の高い避妊薬です。

【仕組み】
ECピルの仕組みは、受精卵の子宮内膜への着床や排卵遅延を促して、妊娠を回避します。

【避妊成功率】
ECピルの避妊成功率は、約80%です。
この数字を高いととるか、低いととるかは人様々ですが、完全に避妊出来るというものではありません。
ECピルを服用しても避妊出来ないケースもあるということです。

ECピルは医師による処方が必要で、買えるものではないです。

【副作用】
気分の不快感、多少の吐き気や疲労感、めまいなどがありますが重篤なものではないです。