ECピルの基礎知識

「避妊に失敗したらECピルを服用すれば大丈夫!」この考え方は間違っていますよ?

ピルについて患者に説明する医師

ECピルの副作用

ECピルとは、緊急避妊薬とも呼ばれています。
性行為時に避妊に失敗したり、パートナーが避妊してくれなかったとき、性犯罪被害などにより望まぬ性行為をしたときに、妊娠しないように服用する薬です。

なぜ、性行為後に避妊できるかというと、受精卵が着床することを防ぐ効果があるからです。
通常、性行為後の72時間以内に飲めば、かなり高い確率で妊娠を防ぐことができます。

ECピルの副作用としてよく挙げられるのが、吐き気です。
ECピルは強制的に生理を起こして妊娠を防ぐため、女性ホルモンを大量に摂取することになります。
そのために強い吐き気やおう吐などが症状として現れるのです。

その他の副作用としては、倦怠感や頭痛、月経の時の出血量の増加や減少、下腹部の痛みなどが挙げられます。
イライラやむくみがおこることもあります。

こういった症状は数時間から半日程度、長くて24時間程度で収まります。
しかし、ECピルは女性ホルモンを大量に摂取し、強制的に月経を促すので、緊急避妊を促した後の月経がいつ起こるのか予測が困難になります。
また、たばこを吸う人がECピルを服用すると、心臓や循環器系への副作用が高まるので、服用の際はたばこを控えてください。