ECピルの基礎知識

「避妊に失敗したらECピルを服用すれば大丈夫!」この考え方は間違っていますよ?

ピルについて患者に説明する医師

ECピルの代表的な医薬品

ECピルのECとは、Emergency Contraceptionという英語を略したもので、緊急否認という意味です。
ECピルは、アフターピルと同じ意味合いで使われている言葉です。
避妊具を使わずに性交渉を行ってしまった場合やコンドームが破れてしまった場合に利用されます。
また、レイプの被害者にも用いられる薬です。
ECピルを服用することで、排卵の時期を遅らせたり、子宮内膜の状態を変化させることができます。
そのため、性交渉があっても受精する確率を大幅に減らすことができるのです。

ただし、ECピルは、性交渉を行ってから72時間以内に服用しなければなりません。
性交後、薬を服用するタイミングが早ければ早いほど避妊効果が高まります。

ECピルの代表的な医薬品は、プラノバールとノルレボです。
どちらも緊急避妊効果がありますが、服用の仕方が異なります。
プラノバールは、性交渉を行ってから72時間以内に2錠服用します。
その後、12時間経ってから、さらに2錠服用します。
ノルレボの場合は、性交後72時間以内に2錠服用するだけです。
プラノバールは2回服用する必要がありますが、ノルレボと比べると安価で入手できます。
ECピルの代表的な医薬品プラノバールとノルレボは、産婦人科やクリニックで処方してもらえます。