ECピルの基礎知識

「避妊に失敗したらECピルを服用すれば大丈夫!」この考え方は間違っていますよ?

ピルについて患者に説明する医師

避妊成功?モーニングアフターピル服用後の消退出血

緊急避妊薬をモーニングアフターピルといいます。モーニングアフターピルは性交のあった次の朝に飲むことからこの名前がつけられました。望まない妊娠を避けるために開発されました。
避妊に失敗したり、望まない妊娠を避けるためのモーニングアフターピルは2タイプあります。ひとつはフランスで開発されたピル、もうひとつはホルモン濃度の量の口径避妊薬を服用するタイプです。
服用には医師の判断に従うことが大切です。原則的には、避妊できなかった性交後72時間以内に緊急避妊薬を1回飲み、その12時間後にもう1度薬を服用します。口径避妊薬を服用する場合は、含まれるホルモンと含有量が異なる場合があるため、飲む個数や錠剤が変わるため、医師の指示や判断が必要なため、自己判断は避けます。
モーニングアフターピル(緊急避妊薬)を服用した場合、早ければ3日後程度で出血が起こります。この出血は消退出血といいます。モーニングアフターピルでホルモンの調整をして子宮内膜を剥がしたことで起こる出血で、生理のように自然に剥がれた子宮内膜の出血とは違い、ピルによる出血のため消退出血とよんで区別します。
妊娠検査薬
消退出血が起こるのは一般的に3日~3週間です。3週間経過しても出血がなければ市販の妊娠検査薬か病院に行って妊娠の検査をする必要があります。
消退出血の量は、排卵日により左右されます。ピルの服用が排卵日の直後であると出血は少なく、排卵日から日数が経過している場合は生理と同僚の出血をする可能性があります。
消退出血があった場合は避妊に成功したことになりますが、緊急避妊を行なった時期によっては消退出血が起こらない場合もあります。この場合は3週間経過したら病院などで妊娠の検査を行ないます。
また緊急避妊後は通常の生理も乱れがちです。不安を感じる場合は躊躇せずに病院を受診することが大切です。