ECピルの基礎知識

「避妊に失敗したらECピルを服用すれば大丈夫!」この考え方は間違っていますよ?

ピルについて患者に説明する医師

避妊具として使われるピルは健康にも良い理由

ピルは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが配合されている薬です。ピルを飲むと排卵をしなくなり妊娠した状態に近くなることで避妊具として用いられることが多くあります。また、精子が子宮内膜に着床することを抑制したり、精子が子宮内に入ることを防ぐ効果もあります。最近は配合されているホルモンの量が低用量になっていますので、副作用のリスクも少なく健康面でも安心して飲める薬となっています。避妊具としてほとんど100%の効果があるといわれています。

ピルを飲むことで太ったり重大な病気になって健康を害するのではないかと心配する人もいますが、低用量ピルの場合にはその心配はほとんどないといわれています。以前、配合されているホルモンの量が多いピルを飲むと、心筋梗塞や血栓症などの副作用のリスクがあるとされていましたが、低用量においてはそのリスクが大幅に減りました。

ピルは避妊具としての利用以外にも、月経に関係するトラブルの治療薬としても使われます。婦人科で生理痛や過多月経の軽減、生理不順、貧血の改善の目的で処方されたりします。また、ピルの服用でホルモンバランスが整えられ肌が良くなりニキビや多毛症が改善されたりします。この他にも、卵巣嚢腫や子宮内膜症、子宮体がんの予防、良性の乳房疾患の減少などの効果が期待できるといわれています。このようにピルの服用には、避妊具としての効果だけではなく様々な婦人病の改善につながり健康にもプラスになります。月経に関係したトラブルを放置しておくと様々な健康不調に陥り、時には仕事や日常生活にも支障をきたすことがあります。医師とよく相談して適切な治療を受けることで健康で快適な生活が送れるようになります。