ECピルの基礎知識

「避妊に失敗したらECピルを服用すれば大丈夫!」この考え方は間違っていますよ?

ピルについて患者に説明する医師

ピルの服用による女性ホルモンの低下と消退出血

ピルは避妊を行う際に服用する薬ですが、この薬の副作用の一つとして消退出血と呼ばれるものがあります。生理の際に起こる出血と区別するために消退出血と呼ばれています。女性の体にはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2種類の女性ホルモンがありますが、ピルを服用することによって、これらの女性ホルモンの分泌量が減少すると、子宮内膜が剥がれてしまい出血をしてしまいます。通常の生理とは違うタイミングで出血をするので、何か悪い病気になってしまったのではないかと心配になることがあると思いますが、基本的には子宮内膜が剥がれてしまっているだけなので、心配はいりません。この消退出血の期間ですが、一般的には2、3日で治ると言われています。出血の量もおりもの程度の量なので、それほど心配するような量ではありません。低用量ピルを服用している場合には、薬の服用をやめる休止期に入った3日後に消退出血が起こることが多いです。緊急避妊用ピルを服用した場合、子宮内膜を剥がしてくれるので、服用後3日~2週間以内に消退出血が起こります。出血の量は通常の生理よりも少ないです。この出血があれば、ピルの効果が正常に現れており、服用前に妊娠している可能性はなくなりますが、2週間経っても消退出血が起こらない場合は、妊娠している可能性があるため、妊娠をしているかどうかの検査をする必要があります。ピルを服用することによって女性ホルモンの量が減少してしまい、ホルモンバランスが崩れてしまうので、イライラや食欲不振などを引き起こすこともありますが、生理と同じで一時的なものなので、しばらくしたら治ります。出血の量が異常に多い場合や体調不良が続く場合は一度病院で診てもらうようにしてください。